Shumpei Haginoya|萩野谷俊平

I am currently working at NYU Shanghai as a postdoctoral fellow of psychology. I have worked as a psychologist for Forensic Science Laboratory in Tochigi Prefectural Police Headquarters, Japan. I hold an undergraduate degree from the Gakushuin University (Japan), and an MSc and PhD from the Hosei University (Japan). My primary areas of interest for research are investigative interviewing training, Concealed Information Test (CIT: also known as Polygraph test), and Offender/Geographic Profiling.

 

ニューヨーク大学上海校(2018年〜現在)。法政大学大学院ライフスキル教育研究所特任研究員(2018年〜現在)。栃木県警科学捜査研究所(2008年〜2018年)。学習院大学文学部心理学科卒(2007年),法政大学大学院人文科学研究科心理学専攻修士課程(2009年),同博士後期課程(2015年)修了。主な研究テーマは,捜査面接トレーニング,ポリグラフ検査(虚偽検出),プロファイリング(事件リンク分析,犯人像推定,拠点推定,犯行予測)。

 

ORCID: 0000-0001-6909-674X

ResearcherID: I-8300-2015

Geographic Profiling App: SAMON

​I am currently developing a application software for narrowing suspect lists in police investigation. This will be available for free in the near future.

被疑者の拠点推定を支援するソフトウェアを開発しています。

Screen Shot 2018-09-11 at 11.54.39.png
虐待児童面接のトレーニングを提供しています

虐待被害が疑われる子供への面接は,専門的なトレーニングを定期的に繰り返し受けることが求められる技術です。

私たちの研究開発チームでは,特に性的被虐待児童に焦点を当てたトレーニングのソフトウェアを開発し,専門職の皆様に簡易にご利用いただけるオンライン・トレーニングを提供しています。

EIT.png